【雑学】ゲーミングロゴのドクターは中世ヨーロッパのペスト医師がモチーフとなっているようです

ゲーミングロゴのデザインを見るのが楽しくていろいろ見ていたのですが、

以下のようなマスクをした人のロゴがドクターロゴと名前が付けられていました。

なぜだろうと思い調べてみました。

plagueとは病気の「ペスト」のことです。

ペスト(百斯篤[1]、百斯杜[1]ドイツ語: Pest、英語: plague[注 1])とはペスト菌による感染症[2]。症状は、発熱、脱力感、頭痛などがある[3]。感染して1-7日後に発症する[2] 。感染者の皮膚内出血して紫黒色になるので黒死病(こくしびょう、英語: Black Death、ドイツ語: Schwarzer Tod)とも呼ばれる。

Wikiより

中世のヨーロッパでペストによるパンデミックが起きて、人口の大部分が死んでしまったという歴史を聴いたことがあるかもしれません。

そのときにあらわれたお医者さんと呼ばれる人たちが「感染を予防するため」にくちばしのようなものが付いたマスクをしていたんです。

医師シュナーベル・フォン・ローム(ドイツ語で「ローマの嘴の医者」)を描いたパウル・フュルストの版画(1656年)。混合体で書かれた8音節2行連句の風刺詩(‘Vos Creditis, als eine Fabel, / quod scribitur vom Doctor Schnabel(→君は寓話と信じるだろう/嘴医者の物語を))が添えられている

実際に医療行為などにはならず、治療できたわけでもなかったようですが、そのとき医者のような恰好が、今のゲーム系のロゴで見られるくちばしの人物のモチーフになったようです。

現在はコロナウイルスによるパンデミックが起きていますが、中世ではペストが黒死病として恐れられていたんですね。

私は学生の時から中世ヨーロッパ史が好きで、歴史の勉強が楽しかったです。

今日はロゴデザインから歴史を考える豆知識に関する記事でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

PROFILE

\応援が励みになります/
OFUSEで応援を送る
目次